altを入れて下さい

日本橋のホテヘルは摘発で現場に踏み込まれにくい

よくテレビの警察密着番組などで、ソープなどの風俗を利用している最中に摘発されてしまうというケースを目にします。 顔はモザイク、声は加工してあるので本人とばれることはないでしょうが、それでもそんな状況に陥るのはまっぴらなのは誰しも同じです。 では、摘発されづらい業種というのはどこになるのかというと、まず避けた方が良いのは店舗型のお店です。 行政の指導にしっかり対応して、税金などもちゃんと納めているような所であっても、いつ何が起こるのかわからないのが風俗業界。 変な言いがかりをつけられて、いきなり捜査の手が入るなんていうことも否定することは出来ません。 これはソープにしろ箱ヘルにしろ、業種を問わず可能性がありますので注意が必要です。 そんな可能性が殆ど無いのが、ホテヘルです。 この業種は受付だけしてあとはラブホテルなどで部屋を取って待っているだけで、そこに警察の手が及ぶことはほぼありません。 元々警察にマークされているとかそういう場合は話が別ですが、基本的にホテヘルに関しては警察に現場へ踏み込まれるということはまず無いと言っても良いでしょう。 とはいえ、ちゃんと営業している所なら殆どその心配はありませんから、お店を選ぶ際にはしっかりと許可を取っているか確認しておくことが、業種に関わらずトラブルを防ぐ一番の方法と言えます。