altを入れて下さい

ホテヘルで楽しくプレイをする

ホテヘルの楽しみ方はたくさんあるその中でも私が楽しみにしているのは、友人とまず写真をみて選択するところからです。
後輩だと先に選んでもらい、私はその後に決める。互いにその写真の娘を確認してホテルへと向かいます。残念なホテルだと一緒に行った人の声が聞こえてまったり、自分の声も漏れてしまうので、少し離れた部屋になる事を少しだけ願います。
部屋に着くと、まだ娘はいないのでとりあえずゆっくりとタバコでもふかして待ってみる。10分もすれば、ヒールの音が聞こえてきます。インターフォンがなり、鍵を開ける瞬間が1番緊張します。
ドアをあけてそこで写真の罠に気づきます。やはり加工がされていました。友人は、当たりだったのかを絶対確認したくなる。私はメールでバツと絵文字を送信した。目を瞑って違う女性を想像すれば良いので問題ないのだ。
ホテヘルは本番は禁止されているので、変に攻めてはいけない。女の子がたまに誘ってくる場合もあるので、そこは息子を我慢させよう。罠にはまってしまうかもしれない。
罠の話をもう一つするとしたら、貴重品の管理だ。基本大丈夫であるが、一度だけ大便している間に諭吉一枚をすられた事がある。テーブルの上に置いてしまった僕が悪いのだが、その時はお酒も入り、盲点になっていたのだ。
サービス内容は当たり外れもあるのでそれは仕方ない。終わった後、友人とホテルの外で待ち合わせるのだが、早く終わった方が最後の楽しみがある。そのホテヘルガールの顔を見る事ができるのだ。その顔をみて、話をしてお酒をまた飲んで帰るのがルーティーンだ。